ベイビー

乳児湿疹の原因は皮脂の過剰分泌┃ほとんどの赤ちゃんにでるもの

肌への優しさを第一に

家族

赤ちゃんの肌は敏感なため、大人が気を付けてあげましょう。特に日焼け止めの使用はマストです。適度な日光浴は成長に必要なため、日焼け止めを塗って短時間出掛けると良いでしょう。その際は、赤ちゃん用の日焼け止めを使いましょう。

Read More..

赤ちゃん用の商品

赤ちゃん

おもちゃなどのベビー用品は購入するのではなく、レンタルサービスを使うと良いでしょう。そうすれば、買うよりもお得にベビー用品を使用することができるのです。まずは、レンタルサービスの概要を把握してください。

Read More..

デリケートな肌を守ろう

眠っている赤ちゃん

触るだけで幸せな気分になる赤ちゃんの肌は多くの女性の憧れです。柔らかくツルツルで美しい肌の代名詞として使われますが、実は赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。肌のバリア機能が未熟なためほとんどの赤ちゃんが乳児湿疹を経験します。乳児湿疹にはいろいろな種類があり、原因もケア方法もそれぞれ違います。セルフケアを続けても改善しないときや悪化するときには医師に相談しましょう。乳児湿疹で特に多いのがおむつかぶれや新生児ニキビです。おむつかぶれの原因は細菌と湿度であることが多く、おむつを頻繁に替えることが予防や治療に効果的です。おむつ替えの際にはお尻をしっかり乾かし、専用のクリームを塗ることもおすすめです。新生児ニキビは生後1ヶ月までに現れることが多く、皮脂が過剰に分泌されることが原因であると考えられています。毎日お風呂で余分な皮脂を洗い流し清潔に保ってあげましょう。

赤ちゃんの肌は大人と比べてとても薄く、少しの刺激でも乳児湿疹などのトラブルを起こしてしまいます。大人用のボディーソープなどは添加物も多くトラブルの原因となることがあります。赤ちゃんのスキンケアに使う石鹸やクリームは専用の刺激の少ないものを選ぶようにしましょう。毎日お風呂上がりにケアする習慣を作れば効果的に保湿することができ、忘れる心配もありません。大切なスキンシップの時間となり小さな変化にも気付くようになるのでおすすめです。また、赤ちゃんはかゆみなどがあるときに我慢することはできません。かきむしったり爪で引っ掻いて悪化させることも多いので症状のあるときには手袋をはめてガードしてあげるのもおすすめです。