母子

乳児湿疹の原因は皮脂の過剰分泌┃ほとんどの赤ちゃんにでるもの

母乳のあげ方

乳児

豊富な種類

ミルクしか飲めない赤ちゃんにとって、お母さんの母乳は生命をつなぐ大切な栄養源です。しかし、母乳をあげたくても十分にでなかったり、赤ちゃんの吸う力が弱くうまく飲めなかったりということもあるでしょう。また、外出先で授乳スペースがない場合や、託児所や他人に預ける場合などにも哺乳瓶は役立ちます。以前に比べて、哺乳瓶のデザインや機能、素材などの種類が増えており、選択肢の幅が広がりました。デザインにはキャラクターがのついた可愛いものから、メモリのついた実用的なものがあります。機能とは持ちやすいようにボトルの形状が工夫されていたり、空気を吸い込まないような乳首の形などです。素材は持ち運びに便利なプラスチック製や、煮沸もでき衛生的なガラス製があり、使う人の都合に合わせて選ぶことができます。

母乳に近いものを

母乳で育てたいというお母さんは多くおり、助産院でも母乳育児に力を入れているところが多くあります。しかし、やむを得ない事情で粉ミルクに頼る人もいることでしょう。粉ミルクには母乳と同じように栄養もたっぷり入っているので、母乳をあげられないことを悲観することはありません。ただ、母乳と哺乳瓶であげる粉ミルクでは味が異なったり、飲ませ方や飲みやすさに違いがでてきます。赤ちゃんによっては、粉ミルクを好んで飲んだり、初めての哺乳瓶に戸惑う子もいるようです。現在は、母乳をあげているのと同じような乳首の形をした哺乳瓶がたくさんでています。母乳を飲んでいた赤ちゃんも、違和感なく哺乳瓶に移行できますし、母乳に戻す際も負担が少ないでしょう。